膨大な経理処理に困っているなら経理代行サービスを利用しよう

スーツ姿の二人

経理に関する業務負担を軽くしたい場合は経理代行サービスがおすすめ

電卓とお金

会社の規模によっては、毎日発生する伝票の処理など、経理に関する業務が滞ってしまうことがあるようです。事業はどうしても本業が優先されますから、人員が少ない場合は発生しやすい事例です。気持ち的には随時処理したくても、それがままならない状態が続けば経営状態の把握も遅れがちになり、何か対策が必要になるかもしれません。そんなケースなら、経理代行サービスを利用することで問題が解決します。
経理代行は、各種伝票の処理はじめ、売上や仕入れに関わる経理処理を代行して行ってくれるサービスです。そのための費用が発生しますが、経理の人員を増やすという選択と比較すれば、経理代行の方が最適な事業所も多いでしょう。このサービスを利用すると、経理のエキスパートスタッフが経理処理してくれるため、信頼して任せられます。また経営状態も随時把握できる状態になり、健全な経営に大変役立ちます。
経理代行サービスの導入がおすすめな事例としては、現状で事務処理が遅れがちになっている事業所です。また個人事業主の方など、全て自分で行わなければいけないため、経理まで手が回らないようなケース、あるいは経理に関する知識がなくて困ってるケースなどにも、経理代行の利用がおすすめです。

個人経営者は経理代行サービスで会計や財務を外注しよう

個人経営者かつ自分一人で事業を行っているという方、経理業務に負担を感じていませんか?経理といっても、会計や財務さらには税務など業務は多岐にわたります。これらを一人で切り盛りすると、本業に専念できないなどの問題も生じます。そこで、経理代行サービスを導入して外注してみてはいかがでしょうか。
経理代行サービスなら発生した経費の会計処理、売掛金管理や入金管理、さらには決算などの財務会計から、税金計算なども行ってくれます。つまり、これまで一人で行っていた業務がスタッフを増やして行うのと同じになります。経営者自身は本業に専念することができ、より多くの受注を受けることができ、経理業務に追われる心配もありません。また、経理専門スタッフは、一般的な事務員に比べてスキルや経験も必要なため、社員採用ともなると給与を高く設定する必要があります。ですが、経理代行サービスは経理スタッフを1名雇用するよりも費用が抑えられます。また、業務負荷の状況に合わせて発生する金額も変化し、正社員で仕事がないにも関わらず人件費が発生し続ける心配もありません。経理業務に負担を感じているものの、スタッフはこれ以上増やせないという問題を抱えている個人経営者の方は、経理代行サービスを導入しましょう。規模に合わせてプランも準備され、月額数千円単位で経理スタッフを雇用するのと同じ効果も得られます。

面倒な経理事務処理の雑務は経理代行で解決しよう

本業の傍ら、経理の事務処理を行っている小規模の事業所は大変多いようです。大きな企業であれば経理課があり、専属社員がしっかりと日々の経理業務をこなしています。規模が大きくなるほどに出るお金も入るお金も大きくなり、また従業員が増えれば経費の出入りも膨大になるでしょう。しかし小規模の会社や、フリーランスで活動する方々の場合は、専門の人材を雇うほどの経理処理にはなりません。
とは言っても、経理事務の範囲は幅広く、細々とした作業もたくさんあります。また経理に関する専門的な知識がないと、適正な処理ができていないことがあるかもしれません。本業の傍らに行う伝票処理や記帳の作業は、大変面倒な雑務と言えるでしょう。そこで利用者が多いサービスとしておすすめしたいのが、経理代行です。経理に関する事務処理をアウトソーシングできるサービスで、請求書や伝票など必要なものを渡すことで、トータル的に面倒な経理業務から解放されます。
実際に経理代行を導入する事業所は大変増えており、本業に専念できると好評です。また経理のプロが入ることで、今まで知識がなかった節税対策など有益な処理を行ってもらえたり、アドバイスが得られます。経営状態も常に最新の数字で確認でき、経理代行利用によるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

面倒な経理事務処理は経理代行の【ライト・コミュニケーションズ】に依頼しましょう。領収書や預金帳のコピー、売上・仕入の請求書を渡すだけでプロが処理してくれるので簡単で便利なのでおすすめです。

TOPICS

2020年02月18日

請求書の印刷から封筒詰めや発送は経理代行サービスに任せよう

経理部門において、毎日のように請求書の発行から封筒詰め、そして発送までに追われ、その業務に専属化する社員が発生していませんか?ルーティン業務に追われ、本来行うべき業務ができず、他の社員が代行で行っていると業務バランスも悪いだけでなく、社員も育ちません。そこで、手間のかかっている請求書の発行業務は、経理代行サービスを導入してアウトソーシングしてしまいましょう。経理代行サービスでは、請求…

2020年02月18日

簡単な仕訳処理も経理代行サービスでコストダウンを図ろう

簡単な仕訳だから社員なら誰でも起票ができる、数分で起票できると考えていませんか?今では、会計システムやソフトも高性能かつ使いやすいものが導入されていても、仕訳処理は時間のかかるものです。例え、費用の部門間の振替処理でも1仕訳に数分を要します。結果、人件費の高い社員が数分から十分前後の時間をかけ、仕訳処理を行った場合、1仕訳で高額なコストがかかってしまいます。そこで、経理代行サービスを導入しま…

2020年02月18日

入金管理は経理代行サービスでアウトソーシングしてしまおう

取引先が多く、毎月多くの口座入金があるというなら、経理代行サービスを導入するのがおすすめです。取引契約において、「月末締め・翌月末払い」を基本とすることは多く、月末に数十や数百、それどころか千を超える口座入金があるという場合、経理スタッフが専属化してしまいます。そこで、経理代行サービスを導入して、入金管理をアウトソーシングしてしまいましょう。今ではインターネットバンキングが普及し、通…

2020年02月18日

精算システムのない会社に経理代行サービスがおすすめ

規模の大きな企業となると、会計処理に関わるシステムが数多く導入されています。旅費精算や会議接待費精算、さまざま経費精算などは専用ワークフローシステムがあり、精算申請を行うことで仕訳データまで作成されます。しかし、導入コストも高く、昔ながらの現金出納帳で管理を行っているものの、毎月膨大な仕訳処理に悩んでいる会社も少なくはありません。そこで精算システムの代わりに経理代行サービスを導入しましょう。…